DTPスキルをアップさせよう【求人応募の自己アピールで有利】

社内

求人サイトとその利用

求人とその方法について

社内

求人広告を掲載する場合、以前は求人雑誌や新聞、広告などに掲載することが一般的となっていた。しかし、最近ではインターネットを活用した求人活用が増えており、就職を目指す人もインターネットを活用することが通常となっている。これらの求人広告を掲載する際、インターネット上のサイトに掲載する場合には、いくつかの方法がある。まずは、自社サイトへの掲載になる。これは自社のホームページに掲載することになるため、掲載に関する費用が掛からない。しかし、自社のホームページを閲覧する人には数が限られる。そこで手となるのが、求人情報サイトへの掲載である。求人情報サイトでは、多くの企業の求人情報が掲載され、多くの人が訪れるため、良い人材を集めやすいと特徴がる。

求人の掲載とコストの工夫

求人掲載を求人サイトで行う場合、それらのサービスにはいくつかのものがある。まずは、掲載した時点で費用が発生するものである。それとは別に、応募があったらそれに応じて費用を支払うタイプもある。求人掲載を行う場合には、応募があったらもしくは採用したら費用が発生するものを選ぶことが工夫のポイントになる。それは、求人掲載するのみで費用が発生する場合には、応募が無い場合に無駄な経費になってしまう。しかし、応募があったら費用が発生するサイトでは、応募があるまでは無料で利用でき、実質的に求人掲載は無料で行えるため、経費が掛かりにくい。さらに、サイトによっては応募までも無料で、採用したら費用が発生するものがあるため、掲載は無料で成果が出たら費用が必要なものを選ぶことがポイントになる。