DTPスキルをアップさせよう【求人応募の自己アピールで有利】

社内

技術者が不足しています

建設業界の人手不足

仕事

近年のデフレ脱却への期待や、東日本大震災の復興事業、さらにインフラ整備、都市部再開発などを受けて建設関連技術者の人材不足が目立ちます。建築業界においても、若者の現場離れもあり、建築関連の求人もかなりの売り手市場になっています。一言で建築の求人といっても、職人、現場監督、建築士、設計士、デザイナー、CADオペレーターなど様々なものがあり、求人の条件もそれぞれですが、ほとんどの場合、現場経験、保有資格等があれば有利になります。しかし、最近の求人では、未経験者でも応募できる案件が大変多くなっているようです。実際、経験豊富な技術者はここ数年の不景気、公共事業の減少にともないかなり減ってしまった為、未経験者を教育してでも人材の確保が必要となっているのです。

専門的技術は強い

実際、建築関係はもとより建設関連の技術は、経験の多さがものをいう場合が多く、経験豊富な指導者のもとで技術を身につければ、強みになり多様な建築関係の仕事をでるようになり、資格も取得することもできるでしょう。建築の仕事をしようと思った時に未経験でもいいという求人の中にはそんな建築の技術、ノウハウがしっかりした会社の求人があるはずなので、よく見極めて求人を比較検討する必要があります。もともと建築の仕事をしている人でも、よりよい求人を探して、転職する事によりさらに上の資格、スキルを身につけ満足のいく仕事をすることが出来る場合もあるでしょう。今、人手不足の深刻化により建築の求人が大変増えています。経験がそのまま自分の技術力、自信になる職場は必ずあるはずです。